刺激が必要!立ちくらみ対策に効くツボとは!?

立ちくらみが起こると、身体の疲労から来てると考えます。
症状の多くは、血の循環が悪くなっているのが原因です。
薬で改善すできる症状もありますが、副作用が気になります。
安全に循環機能を回復する方法が、身体には優しいのです。
そこで立ちくらみに多い、疲労の症状を見てみましょう。

首や肩のコリ、手足がしびれる症状に加え身体内の異常があります。
低血圧で、貧血気味の人も立ちくらみが多いのです。
臓器障害・神経症・更年期障害も関係していることがあります。
睡眠不足も原因の1つですが、年齢的身体能力の低下もあるのです。
低下した身体機能を改善するには、マッサージが効果的です。

身体には、体内に刺激を伝えることができるツボが存在します。
このツボを刺激することにより、神経を通じて機能を改善するのです。
血流を良くしたり、平衡感覚を正常にする効果もあります。
刺激するツボによって、得られる効果に違いがあります。
立ちくらみの症状にあわせて、使い分けするのがポイントです。

ツボを刺激するときは、指先で下方向に少し力を入れて押します。

立ちくらみ改善に効果が期待できるツボ一覧

頭部にあるツボ

百会・・・頭頂部の中心にあるツボです。
正営・・・頭頂部より、指四4分の耳の上部にあるツボです。
承霊・・・頭頂部より、指7本分の耳の斜め上方向にあるツボです。

耳の周囲にあるツボ

完骨・・・耳の後方にある突き出た骨と首の間にあるツボです。
翳風・・・耳たぶの後方にあるくぼみがツボです。

首の後方にあるツボ

天柱・・・首の後方にある大きな筋肉の外側に位置するツボです。
風池・・・首の後方にある大きな筋肉の外側で約指2本の所にあるツボです。

足にあるツボ

足三里・・・足尾後方で、ふくらはぎ上部と関節の間にあるツボです。
湧泉・・・足の裏にある、土府m数の上部に位置するツボです。

ツボに刺激を与えることで、徐々に体調が整っていきます。
新陳代謝も改善されるので、立ちくらみの解消に期待できます。
注意点は、無理に強く刺激を与えないことです。
毎日マッサージする必要は無いのですが、ある程度の継続は大切です。
マッサージと併用して、適度な運動をすると効果は上がります。

マッサージや運動をしても、効果が現れない場合も考えられます。
立ちくらみの他に、目まいや吐き気・頭痛が起こる症状もあるのです。
異常な症状の場合、大病になる恐れがあるので病院で診察を受けて下さい。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ