立ちくらみの対策に効果的な治療・改善の方法

立ちくらみは脳貧血によって、視界が真っ暗になったり、意識を失いそうになったりする症状です。長い時間座った状態から立ち上がったときや、寝ている姿勢から起き上がるときに症状が出ます。そのような立ちくらみにはどのような対策や治療法、改善法があるのでしょうか。

まず立ちくらみの原因の一つとして考えられるのが低血圧です。
低血圧は立ちくらみ以外にも、動悸や食欲不振、身体の冷えなどの症状を招きます。
本人にとっては不快な症状ですが、高血圧ほど深刻に考えていない方が少なくありません。

低血圧の治療には、血管を収縮させる効果のある治療薬が効果的です。
リズミックやエホチールなどが、その代表的な薬になります。

貧血の改善も、立ちくらみの解消には効果的です。
特に若い女性は貧血になりやすいため、日常的な注意が必要になります。
貧血の改善には、食事による鉄分の補給が欠かせません。
レバーは鉄分の補給において、特に効果的な食品と言えるでしょう。

重度の貧血の場合、食事療法だけでは対応できません。
その場合、鉄剤の服用や点滴が必要です。
しかし鉄剤は、下痢や便秘といった胃腸への副作用が出やすいのが問題となります。
必ず医師と相談して正しく使用して下さい。

自律神経失調症も、立ちくらみに限らず様々な形で身体へ影響を与えます。自律神経は、生命活動をする上で必要不可欠な神経です。自律神経が乱れることで、交感神経が優位に働き興奮したままでリラックスできません。自分でコントロールすることの難しい神経ですが、規則正しい生活を送ることで辛い症状を和らげることは可能です。しっかりとした睡眠時間、栄養のバランスが取れた食事、適度な運動を心がけましょう。

また強いストレスは自律神経を乱してしまいます。
ストレスを避けた行動を選択できるようにしましょう。
もちろん全てのストレスを排除することは現実的に難しいものです。

手軽なストレス解消法としては、深呼吸が良いでしょう。
鼻から深く息を吸い込んで、倍の時間をかけてゆっくりと口から息を吐き出していきます。腹筋を意識して呼吸をすることで、効果がより高まっていきます。深呼吸を行う場合は、頭の中も空っぽにするイメージで行うとストレスに効果的です。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ