立ちくらみは予防できる?原因を知って予防体操で回避しよう!!

立ちくらみの症状は、規律制定血圧と呼ばれています。
この症状の発生率は、加齢と共に増加しているのです。
急に立ち上がると目の前が暗くなり、視界が定まらずにふら付いてしまいます。
座った状態や寝そべった状態は、上半身に十分な血流が行き届きません。
いわば、脳が貧血を起こし酸欠状態になっているのです。

立ちくらみの原因は、低血圧だけとは限りません。
過剰ストレスによる、自律神経失調症の可能性もあります。
突如発症する突発性難聴は、メニエールと呼び難病に指定されているのです。
また、良性発作性頭位目まい症という病気も考えられます。
頭痛や耳鳴りが酷く、中耳に違和感がある症状は別の病気が原因かもしれません。

中耳に異常があるのは、前庭神経炎・中耳炎・外リンパ瘻もまれにあります。
この種の疾患は、投薬で治すことも可能ですが長期診察が必要です。
耳の疾患で無いときは、脳機能の疾患が考えられます。
脳梗塞や脳出血は、血液が脳幹に循環しきれずに目まいを起こします。
椎骨脳低動脈循環不全や、聴神経腫瘍でも身体のバランスがとれなくなるのです。

様々な要因で目まいがおこるのですが、予防することはできるのでしょうか。
病気自体は体質的なこともあり、難しいかもしれません。
ですが、低血圧や自律神経失調症は新陳代謝を改善することで治ります。
血流を良くするために、毎日の運動や体操を心がけることです。
では、立ちくらみ解消に効果のある体操を見てみましょう。

先ずは、寝返り体操をご紹介いたします。
これは、耳の中にある三半規管の耳石を調整する働きがあります。
簡単に言えば、立ったときに平衡感覚を保てるようにする体操です。
仰向けに寝そべって、顔を右に→正面に→左に→正面にを繰り返します。
それぞれの動作を、10秒間静止させるのがポイントです。
簡単な体操なので、朝と晩の時間があるときに試してください。

もう一つの運動は、立った状態からしゃがむだけの体操です。
思い切り背伸びをしてから、ゆっくりと足を屈折します。
この体操を繰り返すことで、血の巡りの良い身体へと変化させるのです。
屈伸状態のときに、5秒間頭を下げておくのがポイントです。
立ったときに、血圧が上がる身体作りをしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ