立ちくらみに違いがあるの?大人と子供の症状と生活習慣の違いとは?

急に起き上がると、目まいがするのが立ちくらみの症状です。
立ち上がった後に、ふら付きがあり平衡感覚が麻痺しています。
症状の多くは、低血圧の体質の人が大半を占めています。
しかし、子供でも低血圧で立ちくらみが出るのか分かり難いです。
そこで、大人と子供の立ちくらみの違いを調べてみました。

子供の立ちくらみは、「起立性調節障害」が最も多いようです。
思春期になると発症率が高くなり、頻繁に症状が出てしまいます。
他の要因があることも考え、小児科で受診する人が増えているのです。
しかし、検査結果では異常がないと診断されてしまうのです。
頭痛や倦怠感があっても、健康上に異常が認められません。

現代の医療機関では、起立した数秒後の血圧を測定する方法があります。
この方法は起立後の身体機能の評価ができ、異常を見つけることができるのです。
起立性調節障害は、頭痛・動悸・食欲不振など精神的な問題も抱えています。
身体機能低下の症状は、自律神経とホルモンバランスの乱れが原因です。
ファストフードやインスタント食品の栄養低下の悪影響も考えられます。

大人の立ちくらみの症状も、子供と変わらないことが殆どです。
ですが高齢化になるに連れ、身体機能は低下しています。
病気への抵抗力が無くなり、老化現象で各細胞に異常が起こりやすくなっています。
血管内に脂質が詰まる、血管が硬くなる症状も増えていくのです。
喫煙者は、血管が細くなるので循環器の異常が脳にまで影響を及ぼします。

大人の立ちくらみは、脳や循環器の異常から重病になる前触れの可能性があります。
頭痛や吐き気が伴うときは、脳梗塞や脳卒中の恐れがあるのです。
耳鳴りや動悸が続くときは、耳に異常があり聴覚障害の疑いもあります。
重症の場合は、平衡感覚が無くなってしまう突発性難聴かもしれません。
病状の多くは、生活習慣の乱れによるストレスが原因になっているのです。

生活習慣の乱れがストレスになり、立ちくらみに繋がる要因を考えましょう。
一般的には、ストレスが引き起こすホルモンバランスの異常が多いのです。
ホルモンバランスは、身体の各器官を正常に働かせる働きがあります。
臓器に異常が起こると、飲食物から栄養素を吸収することができません。
更に、血流の低下で身体に運ばれるはずの栄養と酸素が減ってしまうのです。

大人も子供も、立ちくらみ解消するには食事療法と運動が必要です。
生活習慣を改善し、睡眠時間を増やすことで次第に治すことができます。
大病の前触れは、自覚症状が少ないことが多いようです。
必要であれば、病院で精密検査をしてもらい医師の指示を受けましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ