目まいや立ちくらみは病気の前触れ?身体に現れるサインとは?

急に立ち上がると起こる立ちくらみは、前触れも無く襲ってきます。
この立ちくらみは、大病になる体の異常を伝えるサインなのです。
通常ならば、低血圧の人が頻繁に起こす症状ですぐに回復します。
しかし時として、頭痛や嘔吐などの激しい症状を伴うこともあるのです。
「大したことは無い」立ちくらみの素人判断は後の病気へと繋がります。

”脳梗塞”はよく耳にする病気の一つですが、詳しい病状をご存知でしょうか。
脳の血管が詰まり、血流が循環しなくなる大変危険な疾患です。
脳組織に、酸素や栄養素が届かなくなり脳に大ダメージを与えます。
この病気になると、死亡することもあり治療しても半身不随になることもあります。
大病を認識するために、詳しい知識を学んでおくことも大切です。

重病の多くは、目まいや立ちくらみと同時に頭痛が出ます。
頭痛が出ても、「薬を飲めば大丈夫」とみんな簡単に考えてしまうのです。
数日間、立ちくらみと頭痛が続くのは病気の前触れと考えて間違いありません。
危険なのは、自覚症状があるのに病院で診察を受けないことです。
重病でも、現代医療技術で早めの治療で回復に向かうこともできます。

脳腫瘍も、腫瘍の増大で脳を圧迫して目まいを引き起こします。
発生する脳の部位で、多少症状が変わってくるのです。
血管腫は、高血圧になる患者が多く長期間の治療が必要になります。
頭が重い・首筋や肩がこりやすい、この場合に血管腫の疑いがあるのです。
腫瘍が出やすい年齢は、40歳~50歳と言われています。

重病ではありませんが、。高齢化による目まいや立ちくらみもあります。
年齢が増すにつれて、複数の病気を持っている人もいるのです。
最もめまいの原因になっているのが、変形性頸椎症です。
これは頭部を回すと、目まいが起こり立ちくらみします。
老化現象で頚椎に骨棘ができることがあり、血管を圧迫してしまうことがあります。

子供の立ちくらみは、病気の前触れと考えられることが少ないです。
転倒しやすい子供が居ても、平衡感覚障害を疑う親がいません。
メニエールになる子供は極わずかですが、子供は何らかのサインを出しています。
薬で目まいを抑制しても、完全に治ることは難しいのです。
多くの因はストレスで、心身不安定の子供が急増しているのです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ